何故自信をつけると人生が楽しくなるのか

私は気づきました。
自信をつけると自分の人生が楽しくなることに。

自信をつけると人生が楽しくなるというのは、なんとなく雰囲気的に分かるなぁ~と思う方もあるかもですが、その理由をしっかりと述べていきたいと思います。

自信をつけるとどうなるのかというと、自分自身が変化します。
といっても、外見が変わるわけではありません。
自信をつけると自分自身の中身が変わります。

これは私の場合ですが、自信を持ったことに対して、何でもできるぞって気分になれるのです。いや少し、異なるかもなので、正確に言うと、何でもできるぞって確信に満ちた思いでいられるのです。

これがどうして楽なのかというと、不安というのは「できないかもしれない」という考えがあって初めて発生します。
夜に明日のことが不安になる方は、明日のことが上手くいかないかもしれないという気持ちになってしまうのです。

例えば、私は昔、あるサービス業関係の営業マンとして働いていた時期がありました。
営業マンといえばノルマが付き物で、ノルマが与えられなかった日といえば、入社して数日の間だけです。
あとは、きついノルマが課せられ、それによって、給与がきまり、先輩や社長の対応がきまり、自分の過ごしやすさがきまるのです。

そんなノルマを抱えていた時代、私は毎日が不安で眠れずにいました。
明日のノルマをこなせるかどうか分からないという不安です。
「できないかもしれない」

私はほぼ毎日この不安と戦っていました。
不安を考えても解決せず、不安で考えて考えて、疲れ果てて朝方眠るという生活です。
これでは、仕事が楽しいはずがありません。
そして一日の約3分の1を占める仕事が、こんなにも不安に満ちた生活であれば、ほかのことも楽しいと感じられないのです。

幸い、転職によって、ノルマを課せられる生活とはオサラバしましたが、何かにつけて不安になる生活は変わりませんでした。

それは、本当に楽しくない生活なのです。

それが、あることをきっかけとして徐々に自信が持てるようになると、例えばノルマをこなせなければどうしようという考えが起こらなくなってくるのです。

そうです。
自信を持つと、不安に悩まされることがなくなるのです。
できなかったらどうしようという考えがなくなります。

決して「できない」という考えがなくなって、すべてできるということではありませんが、自信がなく不安で「できなかったらどうしよう」だったのが、「できなくてもいいや(そのうちできるから)」に変わったのです。

自信を持てば、「できない」が「できる」という考えに変わる場合と、「できなくてもいいや」とすっぱり不安を切ってしまうことができるようになるのです。

そうすれば、余計な思考にまみれた生活を脱して、クリアな生活に変わっていきます。
そして、その世界を味わってしまうと、この世の素晴らしさに気づくのです。
とにかく、ストレス社会から脱出する最短の道は「自信を持つこと」だと私は思っています。

そして、「自信を持つための方法」をいろいろと紹介していきたいと考えています。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336