根拠のない自信が一番強い?

自信のつけ方は筋トレのように努力をして身に着ける場合もありますが、そうでない場合もあります。
今回はそんなお話。

驚くかもしれませんが、究極なことを言ってしまうと、自信を持つのには何も必要ありません。
筋トレの必要もありませんし、権力を持つ必要もありません、そしてイケメンにならなくても自信を持つことができます。

人より何かができなくても自信を持つことは可能です。
この自信のことを根拠のない自信といいます。
根拠のない自信というのは、その名のとおり、何にも根拠を持っていないのに、自信を持っていることですが、決してそれは悪いことではありません。

イメージだと、何もできないくせに自信だけ持ちやがってみたいな感じに思われるかもしれませんが、とにかく自信を持つということは、自分自身に力を与えてくれます。

日本人は特に、謙虚に謙虚にという姿勢が美徳とされているところがありますが、それはそれで素晴らしいのですが、謙虚にするあまり、自分の自信を失ってしまってはいけません。

根拠なく自信を持つことは、恐れがないので、何事にも挑戦できます。
最初はできなかったことでも、根拠のない自信を持つことで、チャレンジすることができるので、不安でびびっている人より、失敗はするかもしれないけど、経験値は上がるのです。
もし、何事も恐れず、挑戦していけば経験値はずっと上がっていきます。

それでは、どうやったら根拠のない自信が身につくのかというと、これはめちゃくちゃ簡単にしてめちゃくちゃ難しいわけです。

その方法は、「自分がどんな状態であろうと」、ただ自信を持ってくださいと伝えるだけです。
スポーツが人より劣っていても、学校一勉強ができなくても、30年間女性と付き合ったことがなくても、体にコンプレックスがあったとしても、そんなことはお構いなしに、ただ自信を持てばよいのです。

お構いなしに自信を持てば、人からどう見られていようが、そんなことは気にすることはなく、お構いなしに、人生を生きることができるのです。

方法はただ自信を持つだけなんです。
もしこれが、すっと理解して、自信をもてるなら、私が今後述べていく記事は全く必要ないものになります。

しかしもし、根拠のない自信が得られないようなら、ここで書く記事を参考に自信の根拠を作って、それを積み重ねてゆるぎない自信を身に着けてほしいと思います。

それではまた。

大輔

スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336